5/15 GATTACA presents.[God Father]
mu-neujohn “futurhythmo tour 2016"

5_15huraiya-.jpg

4/21 Deradoorian Live in KYOTO 2016

web_dera2016_fly のコピー.jpg
OPEN 19:00 / START 19:30
Tugboat Records presents
Deradoorian Live in JAPAN 2016
LIVE:
Deradoorian / Turntable Films / OUTATBERO


12/13 H.R.A.R-skillkills"DOPE THIS WAY" Release Tour-

12:13H.R.A.R.jpg
【H.R.A.R-skillkills"DOPE THIS WAY" Release Tour-】
12/13(Sun) at CLUB METRO,Kyoto
open:17:00
charge:ADV ¥2500(+1D) / DOOR ¥3000(+1D)
前売はチケットぴあ(Pコード:282-614)
ローソンチケット(Lコード:53766)
e+ (http://eplus.jp/)
Live / DJ :
skillkills / CLOCK HAZARD / yahyel / metome
OUTATBERO / nao* / aon

12/5 Luke Vibert"BIZARSTER" Release Tour 2015
12/6 Madegg ’NEW’ release party

LUKEtokyo.jpgIMG_0774.JPG

03/22/2015 NEW VIDEO RELEASE!
OUTATBERO-Live from floor of METRO









16 July 2014 RELEASE "up on somewhere"

up on somewhere.jpg logomanual_FLAKERECORDS.jpglogomanual_FLAKERECORDS のコピー.jpg
Latest tracks by OUTATBERO

7/16 Release
OUTATBERO [up on somewhere]

1.up on somewhere
2.up on somewhere DJ iToy Remix
3.harps
4.no town
5.no town PsysEx Remix
6.forget all
7.division
8.up on somewhere Masahiko Takeda Remix

Written by OUTATBERO
Recorded by OUTATBERO & Atsumasa Terui
Mixed by Koutaro Hatanaka
Engineered at SAE Institute London
Mastered by Ken’ichi Itoi(shrine.jp) a.k.a PsysEx/DJ iToy
Artwork by sankaku

kokuti_img.jpg

 


2016.3.24(thu)@METRO
open 18:00 / Start 19:00
adv ¥3500 / Door ¥4000
ローソンチケット(Lコード 56289)
チケットぴあ(Pコード 287-304)
e+
FLAKE RECORDS

[LIVE]
ELECTRIC EYE
the piqnic
OUTATBERO
very special guest


2016.3.25(fri)@KINOTO
open 18:00 / Start 19:00
adv ¥3500 / Door ¥4000
ローソンチケット(Lコード 71256
チケットぴあ(Pコード 287-106)
e+

[LIVE]
ELECTRIC EYE
the piqnic
OUTATBERO
and more




2/21(sun) at CLUB METRO,Kyoto

open/start:
16:00/16:45

charge:
adv ¥2000(inc1Drink)
door ¥2500(inc1Drink)

LIVE:
TOTOS
HOMMヨ
bed
THE FULL TEENZ
OUTATBERO

DJ:
DJ KAGEMASA(ClubBAGSY)
DAWA(FLAKE RECORDS)
TORA(8otto)
ヤンス(GimmiRock/Club80's)

FOOD:
U×D×Nのアテ
ワイン処 outatpero

ticket:
ローソンチケット (ローソンLoppi、Lコード:51717)
e+ (http://eplus.jp/)
にて2/6より発売
※前売発売場所:ぴあカウンター、セブンイレブン、サークルKサンクス、ローソン、e+
----------------------------------------------------------------
※前売りメール予約→ticket@metro.ne.jp で受け付けています。
   前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。
   前売料金で入場頂けます。
----------------------------------------------------------------




【H.R.A.R-skillkills"DOPE THIS WAY" Release Tour-】
12/13(Sun) at CLUB METRO,Kyoto
open:17:00
charge:ADV ¥2500(+1D) / DOOR ¥3000(+1D)
前売はチケットぴあ(Pコード:282-614) 、
ローソンチケット(Lコード:53766)、
e+ (http://eplus.jp/)、
にて11/21より一般発売
※前売発売場所: ぴあカウンター、セブンイレブン、サークルKサンクス、ローソン、e+
※出演者予約可
※前売りメール予約→ticket@metro.ne.jpでも受け付けています。
   前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。
   前売料金で入場頂けます。
----------------------------------------------------------------
Live / DJ :
 skillkills / CLOCK HAZARD / yahyel / metome 
OUTATBERO / nao* / aon


あらゆるジャンルを呑み込みながら最新型のクラブミュージックからオルタナティヴまでをも横断するアーティストが集結する『H.R.A.R』。第2回目はそのコンセプトを最も体現する「skillkills」を結節点に各シーンの先頭を走るフューチャーなアクトが見事に揃いました!!
ポスト・パンク、アヴァンギャルド、ガレージ・ロック、ヒップホップを驚異的なポテンシャルで呑み込むオルタナティヴ・ロック・バンド「skillkills」が新作『DOPE THIS WAY』をドロップ。世界でも類を見ない唯一無二のリズムセクションとウワモノのヒリつく掛け合いから生まれるネクストレベルのビートで未開の地を行く突然変異種skillkillsの新作リリースに呼応した異色アーティストが集結し、『H.R.A.R』-skillkills"DOPE THIS WAY" Release Tour-開催です!
そんな彼らのリリースパーティーも兼ねる今回はskillkillsにも共振しながら広げまくりの唯一無二なラインアップ。
特異な活動形態、楽曲、最新機材を投入したLIVEパフォーマンスのクオリティの高さから、VICEが運営する音楽情報サイトthumpや、MTVがアカデミックな記事を公開するmtvUなどのメディアにも取り上げられクラブを引っ掻き回す「CLOCK HAZARD」、溢れるイマジネーションと実験精神が凝縮された楽曲とプレイで各所に引っ張りダコのビート・ミュージックの革命児「Metome」、James Blake以降のポスト・ダブ・ステップ/R&B/ダンス/エレクトロ・シーンといちジャンルの範疇では語りきれない才気あふれる注目集めまくりの若きバンド「yahyel」、超重低音を華麗に操るヤバいベースミュージックパーティの花形DJ「nao*」、大阪のハードミニマルテクノパーティ"鋼"のレジデンツメンバーであり本イベント第一回目のオープニングもそのプレイで鮮烈に切り開き出演者も踊らせまくったDJ「aon」、そしてこのイベントを仕掛けるB率いる「OUTATBERO」!
いずれも今の時代を象徴するクリエーターにして、シーンの境界を軽々とクロスオーバーする才能が並び立つ豪華ショーケース!!



12.6(sun)
open 19:00 / start 19:30
charge adv/door 3000(1d込み)/3500(1d込み)

Madegg
Nyantora
食品まつり a.k.a foodman
OUTATBERO

Madegg
くるりのリミックスや池田亮司、The FIELDらとの共演も話題を呼ぶ、世界基準の京都の若き奇才Madegg!
フィジカルな質感と恍惚のサイケデリアが既存のダンスミュージックを再定義する真に革新的なサードアルバム! 
京都をベースに活動する平成生まれの奇才Madegg が2 年8 カ月ぶりに待望のサード・アルバム 『NEW』を発表します 。
『建築』『神殿の形成』『人と野生』『境界と言葉』『石』『血脈の水』などのテーマをもとにハードシンセとコンピューターによって楽曲を構築。
温度を持ち、絶えず揺らぎを示すメロディー、空間を認識する為の境界として機能するビート。
接近と俯瞰の反復により、リズムは崩壊してアンビエンスそのものに変化していきます。
テクノ、ハウス、ドローン、インダストリアル、アンビエントなど様々な音楽的フォーマットを大胆なアイデアと徹底した実験精神で解放し、
ダンスミュージックの新たな地平を感じさせるニューアルバム。マスタリングはMiles Whittaker (Demdike Stare、Milie & Andrea)が担当。 

2008 年、16 歳の頃よりReaper を使用したサンプリングコラージュ、フィールドレコーディング、プロセッシングされた音響作品を制作を開始。
2011年Bunkai-Kei records より「Players ep」をリリース、2012 年 flau よりファーストアルバム「Tempera」 をT シャツという媒体でリリースし、
英最有力音楽誌の一つであるMixmag のBest Album of Month に選出されるなど特に海外にて高い評価を得る。
2013 年 Seiho 主宰のDayTripperRecords より「Kiko」をリリース。SonarSound2013 Tokyo/Osaka 両公演に20歳の最年少記録で出演、
また同年の秋、WWW で行われたRyoji Ikeda "supercodex live set" World Premiere にOA として出演。
その後Clark、Mount Kimbie、Mark Fell(SND)、Tim Hecker、Arca、Baths、The Field 等のアーティストと共演。
また、時間・インターネット・スキャニング・コピー・トレースといった方法により記憶/無音といった
感覚的領域を示唆するかの様なインスタレーション/映像作品、平面作品の制作、グラフィックデザイン、アートディレクション、リトルプレスの制作、
関西を中心とした音楽イベント・コレクティブ『INTEL』の企画運営を行う。
作品やデザインの制作プロセスを全てメンバー全員の参加によって完結させるプロジェクトBrinc.を主宰、
インターネットを軸に活動するトリオ yong のメンバーとしても活動している。




Luke Vibert
SUBMERSE
MADEGG
DJ PortaL
OUTATBERO
Gikyo Nakamura
Lady Citizen
SAKANA

2015.12.05.Sat
OPEN 22:00
ADV: 2500yen DOOR: 3000yen
ローソンチケット : Lコード 78918
チケットぴあ : Pコード 280906
PeaTiXチケット

Luke Vibert
Mo Wax、Warp、Planet Mu、別名義PLUGでNinja Tuneなど名だたるレーベルからリリースを重ねてきた御大ルーク・ヴァイバートはイギリス・コーンウォール出身。ジミ・ヘンドリックスの熱狂的なファンであった父親とビートルズを好む母親に育てられながら幼少期を過ごす。若き日のルークは学校に行きながら幾つかのバンドを経験するも、基本的にはノイズを鳴らすだけだったという。やがて一人で音楽制作をはじめたルークはライジングハイ・レコーズと契約を結び、ワゴン・クライスト名義にてアンビエントミュージックの金字塔として名高い『ファット・ラボ・ナイトメア』『スロッビング・ポーチ』を世に送り出す。さらには、ヴァイバート/シモンズというユニットプロジェクトで名門Rephlexより作品をリリース。また、プラグという名義ではドラムンベース作品をブルー・プラネット・レコーディングスより発表する。次第に注目を集め、ワゴン・クライスト名義でNinja Tuneより代表作『Musipal』を発表する頃には、ナイン・インチ・ネイルズやスクエアプッシャーのリミックスを担当するまでになっていた。2003年にはWarpより『YosepH』を、04年には巨匠ジャン=ジャック・ペリーとのコラボレーション作品『Moog Acid』をLo Recordingsより発表。目眩のするようなトリップ感と強靭なファンクネスに地響きのようなベースは、けばけばしくも美しいキッチュトロニカと呼ばれている。昨年には〈Hypercolour〉からアルバム『Ridmik』をリリースし、今年10月16日には最新フルアルバム『BIZARSTER』をリリース。